ビジネス英会話のススメ

ビジネス英会話のススメ〜英会話教室に通うか通うわないか毎日迷っている筆者による英語のまとめサイトです。私も含め日本人の英会話力のレベルはかなり低いと思います。 神秘の国ニッポンに住む我々もグローバル化が進む昨今、英会話力のレベルアップはマストと言えるでしょう。

日本人と英会話

この業態の背景には、日本人の根強い英会話コンプレックスがある訳だが、これらは義務教育における英語教育にて、発音よりリスニング(ヒアリング)、リスニングより文法学習、文法学習より書き取り…という、国語教育で培われた教育手法がそのまま用いられている事に追う所が大きいことと、進学校におけるいわゆる「受験英語」(長文読解、英文和訳、英作文、英文法の比重が高くヒアリングは比重が高くない上、文法も英語圏ではほとんど使われなくなったものを今も取り上げていること)の影響も無視できない。
国語教育の場合は日常的に日本語で喋り、日本語で聞くために発音などは日常生活を通じて上達するが、一般の日本人にとっては英語で話すことは元より、英語で話し掛けられる機会も稀である。更に日本人にとっては英語圏の映画や曲で、英語そのものを聞く機会は多分にあり、それらがネイティブスピーカー同士の会話である事から、日本人の片言英語とは、比べ物にならない発音の滑らかさであるため、余計に萎縮するケースも多いと見られる。
いずれにしても「恥ずかしい発音をしても笑われない場所」で練習をしたいと考える人が多いため、英語教材と並んで、英会話教室に通う人は少なくない。

国際英語論とそのアプローチ

国際英語論(こくさいえいごろん)とは、英米の英語を規範とするのではなく、まさに「世界の非英語話者による国際コミュニケーションのための新英語を確立」し、国際理解、国際協調、国際共生を図っていこうとする思想をさす。
国際英語は、多数の方言の中で、国際コミュニケーションの手段としての英語の概念であり、更には言語のための国際標準に向かう動向でもある。国際英語は、地球英語・世界英語・共通英語・一般英語とも呼ばれている。時々、これらの条件は、単に世界の至る所で話される英語の変種の配列に言及することがある。
「国際英語」と上述の関連語は、望ましい標準英語として言及されることがあるが、この目標へ向けてのコンセンサスは十分に得られていない。
日本でこれを主張している著名かつ代表的な人物は、それぞれ立場は違うものの鈴木孝夫・本名信行・船橋洋一らが「国際英語論」に近い立場をとっている。
このグローバルな英語の拡大に対して批判的に見るグループに、大石俊一・津田幸男・中村敬らに代表される反「英語帝国主義」論がある。

自由放任主義のアプローチ

This approach is taken either out of ignorance of the other approaches or out of a belief that English will more quickly (or with fewer objections) become a more fully international language without any specific global legislation.

言語プログラムの組織の後援と草の根運動の促進

英語を支援している個人的・組織的な草の根運動があったので、正式な国際支援を得るいかなる試みもなしに、一部の政府6は、海外の英語プログラムの後援を通して英語の拡大を促進させた。

国家レベルの法制度

英語の拡大を進めて、時間とともにより多くの国を含むことができると信じて、少なくとも数種類の公式地位を持ちながら英語を守る国を勇気付けるアプローチ。

国際レベルの法制度

このアプローチは、それから世界中の全ての学校で教えられるはずの公式国際補助語について正式に同意するため国際条約締結の将来の保持の促進を必要とする、主要なレベルから始まる。英語に代わる代替言語を考慮する間[8]、このアプローチは、言語の後に国際世論と法律を置くために、提案された条約の代表団の十分な大多数によって、そして、完全な世界公用語として国際補助語を強化するために英語が選ばれる可能性を考慮に入れている。

COPYRIGHT (C) ALL RIGHTS RESERVED.

PR